美白の道

ハイドロキノンなど、様々な美白成分によるシミケアの体験談や、美白ケアの知識などを掲載しています。

ページの先頭へ戻る

Reviva Labsのブラウン スポット ナイトクリームを購入 ハイドロキノン2%の美白クリーム



一番最初に私が購入したのは、海外メーカーであるReviva Labs(リバイバラブズ)というところから販売されているハイドロキノン。

といっても個人輸入をしたわけではなく、Amazonで個人輸入代行業者が販売していたハイドロキノンクリームを購入しました。

ブラウン スポット ナイトクリーム 42g  ハイドロキノン2%配合

海外製のものも普通に買えるなんて、Amazonって便利。



ちなみに、製品については以下のサイトを参考にさせていただきました。

Reviva Labs ブラウンスポットスキンライトニングナイトクリーム|iHerbの代替品でトレチハイドロ経過報告

シミ対策!!Reviva Labsのブラウンスポットナイトジェル!Brown Spot Night Gel with Glycolic Acid。



濃度2%のハイドロキノンを試してみる

購入したハイドロキノンは、濃度2%のもの。

ジェル状の製品とクリーム状の製品があって、ジェル状の製品にはハイドロキノンの他にグリコール酸も含まれており、軽いピーリングの効果があります。


ジェルは透明

ピーリングで肌の生まれ変わりを促しながら、ハイドロキノンを使えるということで、効果はジェルタイプの製品の方が高そうです。



玉ねぎ臭がする

口コミで「玉ねぎ臭」がすると書かれていたのですが、確かにそんな匂いがします。

玉ねぎというか、玉ねぎを沢山きざんでそれを炒めたときのような匂い(?)といったほうが近いでしょうか。

よくわからない表現ですが、とにかく変な匂い。
まあ、香料が含まれているため、我慢できないほどの匂いではないです。




ハイドロキノンのせい?乾燥しやすい気がする

使い心地は、ジェルタイプのほうがさっぱり、クリームタイプの方が保湿効果が高そうな使い心地。

いずれもベタつきがなく、時間がたつとさらっとした感じになります。というか、ハイドロキノンのせいなのか時間がたつと乾燥しやすくなります。

乾燥肌の方はクリームやジェルを塗る前に、しっかりと保湿した方が良さそうです。



あと、ハイドロキノンは刺激が強いそうですが、最初に使用したジェルやクリームは2%と低濃度であるため、最初のうちは全く刺激を感じることはなく。

もう少し濃度を上げても大丈夫だったのなとその時には思いましたが、生理前になって肌の調子が少し悪くなった時に、若干ピリピリとした刺激を感じることがあり…

肌トラブルになるような事はありませんでしたが、ハイドロキノンの刺激が強いという噂は本当だったんだなとこの時に初めて実感したんですよね。




ハイドロキノンは紫外線で変質しやすい

ハイドロキノンは紫外線で変質しやすいため、日中の使用には注意が必要。

ハイドロキノンを塗ったまま日差しを浴びてしまうと、紫外線の作用でハイドロキノンが変質し、シミの原因となってしまうことがあるそうです。

恐ろしい…

私自身は外出がない場合には、日中にハイドロキノンを塗ることもありましたが、副作用が怖かったので、外出がある場合には夜のみの使用に留めていました。

という事は、ほとんど夜のみの使用だったということになります。

日中も使えたら、効果が出るのも早いんでしょうけど、もし逆にシミができたらハイドロキノンを使っている意味がありませんので、慎重に使用しました。




トレチノインは使わず

余談として、本当はハイドロキノンは、トレチノインと呼ばれる成分と併用した方が効果が高いそうです。

美容皮膚科で行われるシミ治療では、ハイドロキノンにあわせてトレチノインが処方されるとありました。

ので、ハイドロキノンだけではなくトレチノインも使ったほうが良いのだとは思いますが、さすがにネットの情報を見ているとトレチノインを使う勇気は出ません。



トレチノインには、肌のターンオーバーを早める効果があります。

肌のターンオーバーを早めることによって角質層の底のほうにあるシミを肌の表面に押し出し、外部に排出させるという作用が期待できるそうです。

その際、ひどい炎症が起きることが多いため、その炎症による色素沈着を抑えるためにハイドロキノンが併用されるのだとか。



早くシミを消したいのならトレチノインを併用したほうが絶対に良いのですが、ネットに載っているトレチノイン使用中の方の写真を見ていると、皆さん炎症が起きている時の肌の状態がひどく、とてもじゃないけれど使う気にはなりません。

シミ治療中、ずっと家にこもることができるのならまだ良いですが、私は毎日通勤しています。

肌が炎症を起こしたら、一体何があったのと周りに心配されそうですし、理由を聞かれても何と言っていいやら…

周りにはシミ治療をおこなっていることをできるだけ内緒にしたいので、今のところハイドロキノンだけ使っていくつもりでいます。




Copyright (c) 2014 美白の道 All rights reserved.