美白の道

ハイドロキノンなど、様々な美白成分によるシミケアの体験談や、美白ケアの知識などを掲載しています。

ページの先頭へ戻る

KISOの安定型ハイドロキノンクリームを購入 今度は5%濃度に挑戦してみる



基礎化粧品研究所というメーカーの、KISO 安定型ハイドロキノンクリームを購入してみました。

5%濃度のハイドロキノンです。
これまで2%の濃度を使用してきて効果が感じられなかったので、5%を選びました。

KISO ハイドロ クリーム SHQ-5 10g(またまたAmazon)

ちなみに、5%といっても安定型のハイドロキノンであるため、普通のハイドロキノンよりも使い心地は優しいのではと考えています。



安定型ハイドロキノンっていったい何

安定型ハイドロキノンは、新型ハイドロキノンとも言われます。

特殊な技術で成分をナノカプセル化することで、通常のハイドロキノンよりも刺激を低減しながらも、浸透力を高めているのだとか。

肌に少しずつ成分を放出することによって、成分の酸化をできるだけ防ぎながらも効果は長持ちするのだそうです。そんないいものを使わない手はないですよね。



基礎化粧品研究所のハイドロキノンクリームは安価

安定型ハイドロキノンを販売しているメーカーは他にもありますが、この基礎化粧品研究所のハイドロキノンクリームは、価格がとても安いのです。

多分、これまでに見たハイドロキノン化粧品の中でもトップクラスの安さではないかと思います。



もちろん安かろう悪かろうではありません。

メーカーによると、ハイドロキノンは続けられなくては意味がないということで、必要な分量を適正価格で利用できるように提供しているのだそうです。

とても良心的ですよね。




最大では10%濃度のハイドロキノンクリームも

このメーカーのハイドロキノンクリームは、2%、5%の他に、なんと10%という高濃度のクリームも提供されています。

さすがに、安定型ハイドロキノンであっても10%濃度を使うのは怖く、多分手を出さないと思いますが、製品を利用された方のコメントなどを見ていると、効果が出てくるのがかなり早いよう。

まあシミへの効果の出方は、シミの大きさや濃さ、肌質などにもよりますから、ある人が効果が早く出たからと言って、他の人にも同じように効果があるとは限りませんが、期待はできるのではないでしょうか。

何度もいうように、私自身は手を出さないつもりですが、どうしてもシミが消えなかったときの切り札としてとりあえず頭の隅に置いておこうと思います。




高級成分の化粧品が全般的に安く手に入る

基礎化粧品研究所では、ハイドロキノンクリームのほかに、APSと呼ばれるビタミンC誘導体の化粧水や、濃度の高いフラーレン、セラミド、コラーゲンといったスキンケア製品も販売しています。

中には高級だと思われる成分もありますが、このメーカーが販売している化粧品は内容の割に価格が安いです。

多くのメーカーの製品と比べると、格安だとさえいえるかもしれません。



ビタミンC誘導体やフラーレンは、ハイドロキノンと併用すると相乗効果で効果アップが期待できると言われており、また機会があればハイドロキノン以外の化粧品も利用してみたいと思っています。

良いメーカーを発見できて、良かったです。




Copyright (c) 2014 美白の道 All rights reserved.