美白の道

ハイドロキノンなど、様々な美白成分によるシミケアの体験談や、美白ケアの知識などを掲載しています。

ページの先頭へ戻る

KISOの5%安定型ハイドロキノンの使い心地は? さすが安定型だけある



基礎化粧品研究所というメーカーの安定型ハイドロキノン5%を購入し、使い始めて数日になります。

さすがに数日なのでまだ何も効果は出ていませんが、とても使いやすいことに驚いています。



以前、2%濃度の海外製のハイドロキノンを使っていましたが、2%濃度でも肌がピリピリすることがあったのですよね。

肌の調子が良い時はなんともないのですが、なんとなく肌に負担をかけているという感触がずっとありました。

私の肌が若干敏感だという理由もあるかもしれません。

で、今回、安定型だからという理由で5%濃度のハイドロキノンを購入してみたのですが、実際に使ってみて、安定型って本当にすごいと思いました。



KISOの安定型ハイドロキノンは一言でいうと「おだやか」

基礎化粧品研究所のハイドロキノンはひとことでいうと「おだやか」という言葉が似合うと思います。


【安定型ハイドロキノンの特徴】

・酸化しづらい
・低刺激
・浸透しやすい
・ハイドロキノン独特の匂いが少ない
・時間をかけて成分が放出されるため、効果が長持ちする



安定型ハイドロキノンの特徴は、ほぼ通常のハイドロキノンの逆ですね。

参考≫ 新安定型ハイドロキノンとは

実際、数日使っていますが、刺激を感じたことは一度もありません。
もちろん、人によっては刺激を感じる人もおられるのかもしれませんが、私自身は全くなくて驚いています。

刺激がないから・・といって調子に乗ってつけすぎないように注意していますが、刺激が低減されているというのは本当なのだと実感しています。

ハイドロキノンのリスクを考えると、もう普通のハイドロキノンには戻れません。




KISOのハイドロキノンクリームの使い心地は、しっとり無臭

KISOのハイドロキノンクリームの使用感は、例えるとワセリンの肌に塗っているような感じでしょうか。

クリーム自体は透明で、まるでワセリンのよう。
といってもワセリンのように油っぽすぎることはありませんが、肌に塗るとしっとりします。

刺激はもちろん匂いも全くなく、以前使っていたハイドロキノンにあった玉ねぎ臭でウッとくることもありません(笑

シミへの効果がどう出るか、今から楽しみです。





なお、ハイドロキノンを塗る前に、APSと呼ばれるビタミンC誘導体を配合した化粧水を利用すると効果が高いのだそう。


説明書によると、APSとのあわせ使いのほか、フラーレンを混ぜるのも良いよう

APSって結構高い成分なのですが、基礎化粧品研究所では比較的安い価格で販売されているようなので、買ってみようかなあと検討中です。




Copyright (c) 2014 美白の道 All rights reserved.